子供の見守りコラム

2018年06月16日認知症対策にも。自治体が主導して取り組み。
認知症対策にも。自治体が主導して取り組み。
これまでに398件の捜査要請に対して全員を発見!

出典: http://www.city.takasaki.gunma.jp/docs/2015091800024/
2017年10月23日全国学力テスト小学生正答率 (2017年第一位 石川県) 3
相関ランキングを見ると相関係数が高いランキングがあまりないが、男子小中学生体力テストや女子小中学生体力テストと正の相関があり、学力テストの正答率が高いところは運動能力も高いと言える。
(続)

出典: http://todo-ran.com/t/kiji/16232
2017年10月16日全国学力テスト小学生正答率 (2017年第一位 石川県) 2
正答率の全国平均は64.2%。
最も正答率が高かったのは石川県で70.3%、
以下、秋田県、福井県、愛媛県、富山県と日本海側の県が上位に多い。

逆に正答率が最も低かったのは滋賀県で62.0%。
大阪府、愛知県、山梨県、長崎県などが下位に入っている。
なお、ここでとりあげている正答率は公立校のもので、私立校は含まれておらず、私立校が多い地域では実態と離れている可能性がある。
(続)


出典: http://todo-ran.com/t/kiji/16232
2017年10月09日全国学力テスト小学生正答率 (2017年第一位 石川県) 1
文部科学省の全国学力テストから小学生正答率ランキング。
2007年から実施されている全国学力テストは小学6年生と中学3年生を対象に行われているテストで、2017年は全校を対象に調査している。私立校は2007年以来任意参加となっている。
(続)

出典: http://todo-ran.com/t/kiji/16232
2017年10月02日数字からみる 朝食はとっている? 2
分布から見ると中部から東北にかけての東日本と中国地方で朝食摂取率が高い。

相関的に、共働き率や持ち家住宅述べ床面積と正の相関が高く、核家族率と負の相関が高い。

家が広く、三世代同居が多く、共働きが多いところで朝食摂取率が高いことを意味しており、農村型社会で朝食摂取率が高く、都市型社会で摂取率が低いと言えそうです。
(続)

出典: http://todo-ran.com/t/kiji/14692
2017年09月25日数字からみる 朝食はとっている? 1
文部科学省の全国学力テストから小学生の朝食摂取率ランキング。
全国学力テストでは学力テスト以外に、子どもの生活習慣全般のアンケートがあり、「朝食を毎日食べている」という質問に「している」「どちらかといえば、している」と答えた小学6年生の割合を比較した。

小学6年生の朝食摂取率の全国平均は95.4%。もっとも摂取率が高いのは秋田県で97.0%。
以下、岩手県、長野県、島根県、新潟県と地方が上位を占めている。
一方、最も摂取率が低いのは福岡県で93.0%。
(続)

出典: http://todo-ran.com/t/kiji/14692
2017年07月18日集団登校をなぜしないの? 千葉の事件から考える子どもを犯罪から守る方法 13
『入りやすく見えにくい場所』とは。
例えば、ガードレールがない道やフェンスのない公園は『入りやすい場所』であり、両側に高い塀が続く道や周囲に家の窓が見えない公園は『見えにくい場所』にあたる。

このものさしを使って、景色を解読するよう、学校や保護者が指導することが有効な防犯手段と言えるだろう。

出典: https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170406-00000005-wordleaf-soci&p=1
※「学研教育総合研究所から色々な調査結果をお伝えします」は、少しの間お休みします。
2017年07月10日集団登校をなぜしないの? 千葉の事件から考える子どもを犯罪から守る方法 12
なぜ、だまされるのか。それは、『不審者に気をつけろ』と、子どもを人に注目させているからだ。目の前の人が怪しいかどうか、見た目で判断するのは難しい。そうではなく、犯罪者が好む場所にいるかどうかで判断するべき。犯罪者が好きな景色は『入りやすく見えにくい場所』である。

出典: https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170406-00000005-wordleaf-soci&p=1
※「学研教育総合研究所から色々な調査結果をお伝えします」は、少しの間お休みします。
2017年07月03日集団登校をなぜしないの? 千葉の事件から考える子どもを犯罪から守る方法 11
子どもがいきなり襲われたら抵抗ができず、自衛するには難しいように思う。
その点については「子どもの誘拐や性犯罪の8割はいきなり襲われたのではなく、騙されてついていく。
宮崎勤事件も、神戸のサカキバラ事件も、奈良女児誘拐殺害事件も、そして神戸女児誘拐殺害事件も、すべてだまして連れ去ったケースだ。

出典: https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170406-00000005-wordleaf-soci&p=1
※「学研教育総合研究所から色々な調査結果をお伝えします」は、少しの間お休みします。
2017年06月26日集団登校をなぜしないの? 千葉の事件から考える子どもを犯罪から守る方法 10
では、学校は何もしなくて良いのか。
小宮教授は
「今の学校では、自衛のための教育が不足している。子ども自身が危ない場所を察知し、犯罪に巻き込まれるのを回避できるよう教育をしていくことが学校に求められる一番の役割だ。親も集団登下校があれば安心と思う前に、身を守るための知識を子どもに教えることが重要だ」
という。

出典: https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170406-00000005-wordleaf-soci&p=1
※「学研教育総合研究所から色々な調査結果をお伝えします」は、少しの間お休みします。
2017年06月19日集団登校をなぜしないの? 千葉の事件から考える子どもを犯罪から守る方法 9
一方で、「集団登下校をしていれば必ず犯罪を防げる、というのも違う。集合場所が家の目の前でない限り、集合場所に移動するまでは1人の時間が必ずある。また、登下校中の安全については、学校が完全に守らなければならない、といった義務はない。通学路は、本来子ども・家庭が自衛すべき範囲にあたる」と説明する。

出典: https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170406-00000005-wordleaf-soci&p=1
※「学研教育総合研究所から色々な調査結果をお伝えします」は、少しの間お休みします。
2017年06月12日集団登校をなぜしないの? 千葉の事件から考える子どもを犯罪から守る方法 8
犯罪学が専門の小宮信夫・立正大学教授は
「集団登下校はやらないよりはやったほうが良い。通学路自体の交通安全を高めることは工夫次第で可能なので、集団登下校をやらなくて良い理由にはならないだろう。集団登下校は、一人になる時間が少なくなることから、防犯上の観点からは一定の効果があると言えるだろう」
と話す。

出典: https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170406-00000005-wordleaf-soci&p=1
※「学研教育総合研究所から色々な調査結果をお伝えします」は、少しの間お休みします。
2017年06月05日集団登校をなぜしないの? 千葉の事件から考える子どもを犯罪から守る方法 7
読売新聞が昨年3月に公表した都内の小学校についての調査結果でも、都内の公立小1277校のうち、集団登校をしているのは約2割の262校にとどまった。

調査では、行わない理由について
「集合場所での見守りなど、保護者の負担が大きい」(新宿区)
「学校選択制のため、遠くから登校してくる児童がいる」(荒川区)
など実施しにくい理由を挙げている。

集団登校を行っていない学校や自治体には様々な考えがあることがうかがえる。

出典: https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170406-00000005-wordleaf-soci&p=1
※「学研教育総合研究所から色々な調査結果をお伝えします」は、少しの間お休みします。
2017年05月29日集団登校をなぜしないの? 千葉の事件から考える子どもを犯罪から守る方法 6
集団登下校は、2005年、広島市や栃木県今市市で相次いだ下校中に児童が連れ去られる事件を受けて導入した学校も多い。

文部科学省が出した通知も事件を受けてのものだった。ただ、文部科学省は「安全を確保する有効な方法である。一方、大事故を起こす危険もある」として、車が速度を出す道路や歩道が整備されていない場合には避けることが望ましいとしている。

2012年4月には京都府亀岡市で集団登校の列に軽乗用車が突っ込み、3人が死亡、7人が負傷する事故が起き、また昨年10月には、横浜市港南区でも集団登校中の小学生の列に軽トラックが突っ込み、男児1人が死亡、7人が負傷した事故が起きている。

出典: https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170406-00000005-wordleaf-soci&p=1
※「学研教育総合研究所から色々な調査結果をお伝えします」は、少しの間お休みします。
2017年05月22日集団登校をなぜしないの? 千葉の事件から考える子どもを犯罪から守る方法 5
集団登校を義務付けない理由としては「通学路の道幅が狭く、集団で歩くのに向いていない地区もある。また、集団で歩くと前の人についていくだけになり、却って危ないという意見もある。地区によっては、住宅地ではないため周囲に一緒に登校できる児童がいないケースも考えられる」と説明する。

出典: https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170406-00000005-wordleaf-soci&p=1
※「学研教育総合研究所から色々な調査結果をお伝えします」は、少しの間お休みします。
2017年05月15日集団登校をなぜしないの? 千葉の事件から考える子どもを犯罪から守る方法 4
集団登校を実施しない学校もあるのはなぜか。

事件のあった松戸市教委によると、5日から新学期が始まったものの、集団登校を行うような指示はしていないという。

代わりに、午前8時から午前8時20分の間に登校時間を限定することで、登校時に一人になるのを避ける「集中登校」を始めた学校があるという。

市教委の担当者は「登校時の安全確保については各学校の実情に応じて、子どもが1人で歩く時間がないよう対策を取ってもらいたいとお願いした」と話す。

出典: https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170406-00000005-wordleaf-soci&p=1
※「学研教育総合研究所から色々な調査結果をお伝えします」は、少しの間お休みします。
2017年05月08日集団登校をなぜしないの? 千葉の事件から考える子どもを犯罪から守る方法 3
文部科学省の学校安全の推進に関する計画に係る取組状況調査(平成27年度実績)によると、全国の小学校20,015校のうち、

・集団登下校を実施している学校は12,632校で63.1%
・それより高い割合で行われているのが保護者らによる見守りで、17,895校(89.4%)
・なお、3134校(15.7%)では、スクールバスによる登下校が行われている。

上記の結果を踏まえると、保護者らの見守りが行われている学校が大半だが、4割近い小学校では集団登下校が行われていないことになる。痛ましい事件もこのパターンに当てはまる。

出典: https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170406-00000005-wordleaf-soci&p=1
※「学研教育総合研究所から色々な調査結果をお伝えします」は、少しの間お休みします。
2017年04月24日集団登校をなぜしないの? 千葉の事件から考える子どもを犯罪から守る方法 2
小学校に入るときに一緒に登校してくれる友達を親が探さなければならなかったという。

知り合いがいない保護者は、通学路に親が立ち、通りすがった子どもに「うちの子どもと一緒に通学してもらえないだろうか」とスカウトしているケースもあるという。

「うちは幸い同じマンションに一緒に行ってくれる子がいたので助かりました。とは言え、友達が休む場合などは、1人になってしまうので学校まで送っています」と説明する。

「1年生で入学したてのときは特に、1人で学校に行くのは物理的に無理だった。しかし学校には集団登校の仕組みがない。千葉の事件も一緒に通学していた友達が引っ越してしまったことで1人での登校になったと聞き、他人事ではない。集団登校を学校が始めてくれればうれしい」

大人による通学路の見守りも毎日ではないという。

出典: https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170406-00000005-wordleaf-soci&p=1
※「学研教育総合研究所から色々な調査結果をお伝えします」は、少しの間お休みします。
2017年04月17日【千葉・9歳女児殺害】GPS携帯認める 小学校で緊急保護者説明会
リンさんが通っていた千葉県松戸市立六実第二小学校は16日、緊急の保護者説明会を開き、伊東隆志校長が「一日でも早く正常な教育活動ができるよう取り組む」と述べました。

学校側は事件後に保護者から要望があった衛星利用測位システム(GPS)機能付き携帯電話の所持を、許可制で認めると説明。4月中は集団登下校を実施し、スクールカウンセリングにも力を入れるとしました。
渋谷容疑者が会長だった保護者会「二小会」の副会長からも説明があり、当面は会長不在で活動を継続する方針を示しました。

出典: http://www.sankei.com/affairs/news/170416/afr1704160019-n1.html
※「学研教育総合研究所から色々な調査結果をお伝えします」「集団登校をなぜしないの?千葉の事件から考える子どもを犯罪から守る方法」は、少しの間お休みします。
2017年04月10日集団登校をなぜしないの? 千葉の事件から考える子どもを犯罪から守る方法 1
多くの学校で新学期が始まったが、先月末に千葉県松戸市で、小学校へ登校途中の女児が殺害された事件はまだ解決しておらず、不安な気持ちを抱えている保護者も多い。女児の通っていた学校では集団登校は行われておらず、女児も一人で登校していたという。文部科学省は2005年、安全対策の一つとして集団登下校の実施を例示する通知をしているが、行われていない学校もあるのはなぜだろうか。

集団登校させてもらえれば…

川崎市のある小学校に娘(7)を通わせる母親(40)の元に夜、LINEで連絡が入った。
同級生の母親からだ。
「明日、うちの子が休むので一緒に登校しているお友達が1人になってしまう。その子を娘さんと一緒に登校させてもらえませんか」

この学校では、集団登校の仕組みがない。
そのため、母親たちは自力で、一緒に通学してくれる子どもを探し、1人にならないよう気を配っているのだ。
この母親は「学校が主導して集団登校をしてほしいと思っています。いつも綱渡りなので」と話す。

出典: https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170406-00000005-wordleaf-soci&p=1
※「学研教育総合研究所から色々な調査結果をお伝えします」は、少しの間お休みします。
2017年04月03日お年玉をもらった小学生は?
学研教育総合研究所から色々な調査結果をお伝えします。

全体では、95%以上の者が、お年玉をもらっているようです(96.0%)。
大多数の小学生が、お年玉をもらっているといえます。
学年別にみると、お年玉をもらっている者の割合は、1年生は割合が若干低いようですが、2年生以降は9割台後半の高い割合です。

出典: http://www.gakken.co.jp/kyouikusouken/whitepaper/201303/chapter05/01.html
2017年03月27日男子は「スポーツ」、女子は「作ること」が好き?
学研教育総合研究所から色々な調査結果をお伝えします。

子どもたちはどのようなことを「好き」と感じているのでしょうか?

小学生が「好きなこと」として多く挙げているのが、
「体を動かしたり、スポーツをしたりすること(59.7%)」
「絵を描いたり、ものを作ったりすること(53.2%)」です。

特にスポーツは男子に、ものづくりは女子に人気があるようです。
「体を動かしたり、スポーツをしたりすること」(男子:68.9%、女子:50.5%)
「絵を描いたり、ものを作ったりすること」(男子:45.3%、女子:61.2%)。

また、音楽に関すること
(「歌をうたったり、楽器を演奏したりすること(男子:22.0%、女子:47.9%)」
「音楽に合わせて体を動かしたり、ダンスをしたりすること(男子:14.2%、女子:31.1%)」)
も女子の方が「好き」と回答している割合が高い。

出典: http://www.gakken.co.jp/kyouikusouken/whitepaper/201303/chapter04/index.html
2017年03月20日習い事ナンバー1は?
学研教育総合研究所から色々な調査結果をお伝えします。

小学生全体では7割ほどが習い事をしています。

1位が水泳(31.5%)
2位が英語・英会話(26.1%)
3位がピアノなどの楽器(25.6%)
4位が習字(17.6%)
5位がサッカー(12.0%)

英語・英会話が上位に入っているのは、小学校から英語教育が導入されたことと関連しているのかも。

出典: http://www.gakken.co.jp/kyouikusouken/whitepaper/201303/chapter03/index.html
2017年03月13日約半数以上は平日にインターネットを利用しない
学研教育総合研究所から色々な調査結果をお伝えします。

平日にインターネットを「しない」小学生は、全体では半数以上(男子全体:54.4%、女子全体:58.3%)。

「しない」割合は、高学年になるほど、急激に少なくなる(男子1年:73.8→6年:25.2%、女子1年:66.0%→6年:35.0%)。
学年が上がるにつれて、インターネットに接するようになる傾向が顕著に。

インターネットの利用時間をみてみると、全体では「30分」が最も多い(男子全体:24.8%、女子全体:26.4%)。
しかし、「1時間」や「1時間半」といった比較的長い時間では、学年が上がるにつれて、利用者が多くなる(例えば「1時間」では男子1年:9.7%→6年:15.5%、女子1年:4.9%→6年:20.4%等)。

出典: http://www.gakken.co.jp/kyouikusouken/whitepaper/201303/chapter02/02.html
2017年03月06日ゲームにハマるのは高学年男子!?
学研教育総合研究所から色々な調査結果をお伝えします。

平日にゲームを「しない」小学生の割合は、男女とも約4分の1。
それほど差はありません(男子全体:25.9%、女子全体:28.3%)。

しかし、「2時間以上」ゲームをする者の割合は、女子よりも男子の方が非常に高くなっています(男子全体:12.3%、女子全体:6.3%)。

出典: http://www.gakken.co.jp/kyouikusouken/whitepaper/201303/chapter02/02.html
2017年02月27日テレビ好きは高学年の女子
学研教育総合研究所から色々な調査結果をお伝えします。

平日に小学生がテレビを視聴する時間をみてみると、全体では4割以上が、「2時間以上」。(男子全体42.8%、女子全体46.3%)。

また、「2時間以上」テレビをみる小学生は、学年が上がるにつれて、おおよそ多くなる傾向にある(男子1年:37.0→6年:45.7%、女子1年:38.8→6年:54.4%)。

特に高学年の女子は、高学年の男子と比べて、「2時間以上」テレビをみる割合が高い(女子6年:54.4%、男子6年:45.7%)。
テレビが一番好きなのは、高学年女子なのかもしれない。

出典: http://www.gakken.co.jp/kyouikusouken/whitepaper/201303/chapter02/01.html
2017年02月20日低学年でも約2割が11時以降に就寝
学研教育総合研究所から色々な調査結果をお伝えします。

「あなたはふだん、夜は何時ごろ寝ますか」という質問に、小学生全体で9時より前に寝ている子どもが5%、9時台は35%、10時台は30%、11時以降が30%、という結果。

学年ごとにみてみると、男女ともに9時よりも前に寝る子どもは、1年生では2割ほど。2年生になると1割弱へ。学年が上がればそうなるでしょうね。

12時以降に寝る子どもも一定数います。(男子1年:15.5%→6年:16.5%、女子1年:8.7%→6年:22.3%)。

出典: http://www.gakken.co.jp/kyouikusouken/whitepaper/201303/chapter01/02.html
2017年02月13日小学生の多くは6時半には起きている
学研教育総合研究所から色々な調査結果をお伝えします。

「あなたはふだん、朝は何時ごろ起きますか」との質問に、すべての学年で「6時30分」との答えが最も多いという結果でした(1年:37.9%、2年:36.9%、3年:35.4%、4年:37.4%、5年:35.9%、6年:35.0%)。学校までの通学距離・時間を考えると、6時半頃に起床して、登校への準備をする小学生が多いようです。

出典: http://www.gakken.co.jp/kyouikusouken/whitepaper/201303/chapter01/01.html
2017年02月06日新入学に備えて 1月~3月編 – その5
登下校の道順をチェックを!
実際に親子で歩いて通学してみます。

道路の幅は?
交通量の多い処は?
信号や交番の場所も確認!

もし交通量が多く、道幅も狭いなどの通学路は避けるようにします。
2017年01月30日新入学に備えて 1月~3月編 – その4
登下校の地図を作るのをおすすめします。
交通量が多いところは?
人通りがすくないところは?
一番安全な登下校の順路を子供と一緒に作ります。
2017年01月23日新入学に備えて 1月~3月編 – その3
3月に入ると卒園式など行事がいっぱい!
時間を見つけて学校への登下校の通路を歩いてみましょう。
危険な場所はありませんか?
交通ルールも守れそうですか?
2017年01月16日新入学に備えて 1月~3月編 – その2
全ての持ち物に名前を書きます。
直前になって慌てないように。
特に体操服いれの袋など手作りするのであれば、ゆったりとこの時期から始めましょう!
2017年01月09日新入学に備えて 1月~3月編 – その1
冬休みが終わると、入学説明会が始まります。
モノにキャラクターが入ったものは禁止だったりすることもあります。
必要なものは入学説明会の後にしましょう。
2016年12月12日新入学に備えて 9月~12月編 – その5
入学記念に写真撮影をと考えているならそろそろ予約を。
2016年12月12日新入学に備えて 9月~12月編 – その4
大掃除のタイミングで、学習机も購入。
この時期には、メーカーの商品もほとんどお店に並びます。
子供の勉強する場所の整理整頓を。
2016年12月05日新入学に備えて 9月~12月編 – その3
この時期に、就学時健康診断があります。
学童保育の利用の年内申し込みも始まります。
2016年11月28日新入学に備えて 9月~12月編 – その2
秋には運動会などもあり、小学校の下見もできます。
ぜひ一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

いくつかの小学校が選べる場合は、特に良い機会でしょう。
2016年11月21日新入学に備えて 9月~12月編 – その1
生活リズムを整えることが大切です。早寝早起きが基本。
さらに持ち物を準備できる習慣をつけます。例えば、夕方のテレビ番組が始まる前に用意しよう!など、遊びの要素を加えるのも工夫の一つです。
2016年11月14日地域安全マップコンクール
2016年11月10日、茨城県庁において、「地域安全マップコンクール’16」の表彰式が開催され、応募作品238点の中から見事に受賞された12作品が紹介されています。

「地域安全マップコンクール」は、小学生が夏休み中に通学路や普段の遊び場などの安全度を友人や保護者と一緒に確認し、その結果を「地域安全マップ」にまとめることにより、小学生の危険を予測したり回避したりする力を養うことを目的として開催されたものです。

詳しくは、コチラをご覧ください。
https://www.pref.ibaraki.jp/kenkei/a01_safety/child/map_con2016r.html
2016年10月31日広域・常時の見守りネットワーク構築の必要性
平成18年版警察白書・警察庁によると、

1.下校時間・放課後(特に15~16時前後)における安全対策
2.小学校(特に低学年)への被害を未然に防ぐ為の取り組み
3.被害者が小学校低学年に多いため、被害に遭ってすぐに対応することができず、通報が遅れがちであるため、例えば、危険回避・早期解決のために、異常の時点で通知・把握・対応できる体制づくり
4.加害者が神出鬼没でありことから、例えば、広域・常時の見守りネットワークの構築が必要

とあります。

そこで、民生委員や近所の人たちによる登下校見守り隊も立ち上げらています。

他方、インターネットを活用した行政主体の動きでは、東京都品川区ではGPSの全児童配布がされたようです。

出典:平成18年版警察白書・警察庁